天体の楽しみとしてDeepSkyがあります。このブログではDeepSkyの楽しみ方を紹介します


by shunichi.yasuda
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
これもおおぐま座にあるDeepSky天体です。


b0067433_756325.jpg


M81は雄大な銀河で、このあたりにある銀河群を重力でひきつけています。この銀河群をM81 Local Groupとも呼びます。またM82は不規則銀河で、最近すばる望遠鏡の写真で特異性が明らかにされましたが、銀河中央より爆発的なスターバストが観測されており、非常に高い活動と認識されています。

視野1.5度ほどあれば両方の銀河が同一視野に納まり、見ごたえがあるDeepSky天体です。
[PR]
# by shunichi.yasuda | 2004-11-18 07:56 | 銀河群/銀河団
これは有名が銀河です。私の仲間で5年ほど前にDeepSky天体の人気投票を行ったときにベスト1に選ばれた天体です。ドブソニアンで見た時に、もっとも銀河らしい銀河といえるでしょう。古くはロス卿が初めて銀河というものは渦をまいていることを発見した由緒のある天体です。

ちなみに銀河の腕は口径20cmくらいから見え出し、40cmになるとかなり素晴らしい腕が確認できてきます。

これも眼視派としては必見でしょう。
b0067433_71699.jpg


http://deepskyobj.exblog.jp/tb/1043870
[PR]
# by shunichi.yasuda | 2004-11-18 07:16 | 銀河

B33(LDN1630) 馬頭星雲

これは馬頭星雲と呼ばれており、オリオン座の三ツ星の一番左の星のすぐ傍にあります。この写真でも一番左に写っている明るい星がその星でAlnitakという名前が付いています。別名はζOriとなります。

馬頭星雲ですが、天体写真などで非常に有名な星雲ですが、眼視で見ようとするとかなり難しい天体です。望遠鏡では最高の空で15cmで見えたこともありますが、通常は口径20cm以上の望遠鏡にフィルタを使うことで誰でも見えてきだします。フィルタも種々ありますが、Hβフィルタが最適です。

眼視派の天体ファンとしては、まず必見の天体でしょう。
b0067433_6584997.jpg

[PR]
# by shunichi.yasuda | 2004-11-18 06:59 | 暗黒星雲